www.dopq.info

-

-

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び略すと自賠責保険とよばれるものになります。自賠責保険は属に強制保険とも呼ばれていて、クルマを車検に通す時は定められた車検期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。簡単に言えばすべての自動車に加入義務のある保険です。それでは車が自賠責保険に入ったまま手放したケースではどうなるか考えてみましょう。強制保険は車検時に更新されるケースが比較的あるものですが、もしも自動車損害賠償責任保険に加入した車を売りに出した場合は、お金が戻ってくるという事例はないと思います。というのは、自賠責保険の加入を一回消して新しい所有者に移すのは少し面倒くさいのです。ですから自動車損害賠償責任保険は、名義変更後に自動車とともに譲るというのが普通です。ただ、それと同じだけの金額を買取金額に乗せてくれます。自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違い、既に支払った額を月々で割った金額が返ってくるやり方ではなく査定額に上乗せといった方法を利用することが一般的ではありますが、このことが見積もりに明記される場合は珍しいです。そのため買取の際には強制保険(自賠責保険)を考慮した額が売却額に反映されているかをチェックする必要があります。自分で払った金額がどのくらいの額かだけでも知っておけば、大丈夫はずです。自賠責保険にかかる額については、加入期間で変わってくるため注意しましょう。自動車の乗り換えの時には自賠責の名義を変更しましょう。もしも名義変更をしないままにしていたら、保険会社よりあなた宛てに保険期限の満期の知らせが届いてしまいます。あなたの愛車が多少でもお得に手放すことができることを応援したいと考えています。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.dopq.info All Rights Reserved.