返済していくことができるということになります

-

-

民事再生という方法は住宅ローンなどもある多重債務に苦しむ人々のために住んでいるマンションを維持したまま経済面で立ち直るために手段として適用された手段です。

民事再生には、自己破産と違って免責不許可となる要件がないので、賭博などで債務がふくらんだ場合でも問題ないですし、破産宣告が理由で業務ができなくなりかねない立場で仕事をされている場合等でも制度の活用が検討可能です。

破産手続きの場合は住居を手元に残すわけにはいきませんし特定調停等では借金の元金は返していくことが要求されますので住宅ローンも返しながら支払い続けるのは現実問題として困難だと思われます。

とはいえ、民事再生という手順を取ることができれば、住宅のローン以外の借金については金額を減ずることも可能なため、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを返しながら残った借入金を返済していくことができるということになります。

とはいえ、民事再生という方法は任意整理による手続きや特定調停といった方法と異なって一部の負債だけを除外扱いして手続きしていくことは許されませんし、破産手続きの場合のように負債それそのもの帳消しになるということではありません。

それに、これ以外の処理と比較しても手順がこみいっていて手間が必要ですので住宅のためのローンがあってマイホームを維持したい状況等を除外して、破産申告などの他の方法がとれない場合における限定的な手続きと考えるのがいいと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.dopq.info All Rights Reserved.