考える早まった夫婦もいらっしゃるようですがそもそも

-

-

破産の申告をおこなっても司法機関などから家族や親類に直に連絡がいくなどということはありません。

なので、家族や親族には露見してしまわないように自己破産手続きが可能だとも考えられます。

しかし実際問題として自己破産というものを行う際に公的な機関から同居している親類の給金を記した紙面や通帳の複写物などという資料の届出を要求されるということがありますし、債権者から近親者へ督促が来ることがままありますから家庭に気付かれてしまい破産の申立てがすることができるという100%の保証は望めないといえます。

敢えて知らせずにしておいて後になって発覚してしまうことに比較するとはじめから正直に本当のことを打ち明けてご家庭の方々皆が協力し合って破産の申立てを乗り越える方が望ましいといえるでしょう。

その一方、別々に住んでいる家族や親族においては、破産の申立てを実行したことが気付かれてしまうというようなことはひとまずないといえるでしょう。

妻または夫の支払義務を失効させることを主眼として離婚届の提出を考える早まった夫婦もいらっしゃるようですがそもそも、夫婦同士だとしても原則的には当人が書類上の連帯保証人という身分になってしまっていない限りにおいて法的な支払義務はないのです。

その一方で書類上の連帯保証人という身分身を置いているケースならばもし離縁することをしたとしても保証の名義人としての責任に関しては残ってしまいますとみなされるため支払い義務があると言われます。

だから婚姻関係の解消を行ったことで未返済金などの債務の法的な支払い義務が消失するということはないのです。

さらには貸し主が借金を持つ人の家庭に支払いの督促を実行してしまうことがありますが保証人又は連帯保証人にサインしていないということであれば親と子供又は妹と姉の間というような親族間の借金であろうとも他の家族に民法において法的な支払い義務はまずないのです。

実は債権者が支払い義務と関係のない家庭の人にをターゲットに支払の督促を実行することは貸金業規制法についての行政府の業務取り決めの中で固く禁じられており、請求の手段により貸金業関係の法律の取立ての基準に違うことにもなります。

なので、支払い義務がないにも拘らず借りた人の家族や親類が催促を不当に受けたという事実が存在する場合は借りたところに向けて支払の請求止めるよう通告する内容証明を送ると良いでしょう。

しばしば借入者本人が可哀想だからと思って借りた張本人以外の家族が借入金を代わりに請け負って返済するようなこともありますが、借金を持つ本人幸運に甘えてしまいいつまで経っても多重債務の形成を繰り返してしまうことがよくあります。

よって、本人の事情を考えたら本人の手で借入金を弁済させていくかそれが見込めないのであれば自己破産の手続をやらせた方が長い人生をまっとうするためには良いと思われるのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.dopq.info All Rights Reserved.