借りようとしている申込者の与信

-

-

お金の借入れを受けるようにするには、キャッシングサービスを利用しようとしている企業の審査を受け、各会社の決められている基準に通過する必要があるはずです。

そういう審査の手続きの中で申込者のどのような箇所が判断されるのでしょうか。

お金の貸出しをするかの、審査基準はどこに違いがあるのか。

キャッシングを提供する金融会社側は、お金を借りようとしている申込者の与信を基に融資の可否の判断をします。

判断されるひとつひとつの項目は、属性と呼ばれることがあります。

自らのことや親戚のこと、職業のこと、居住地などを判断するのです。

属性は数百項目ありますから、もちろん優先される事項とそうでもない事項というのが存在するのです。

とりわけ重く見る「属性」というものには、審査依頼した人の年齢や職種、居住年月など、その人の収入水準をチェックできるものがあります。

収入レベルが評価でき、さらに確証ができるものは、ひときわ重視される「属性」って呼ぶことができます。

その中でお金を借りようとしている人の「年齢」に関して、カード会社は原則的に、メインの利用者を20才代から三十歳代と定めていますが、その中でも特に未婚者の方を重要としています。

一般的な世間に当たっては独り身よりも家庭を持っている人の方が信頼があるはずですが、ローン会社からすれば、入籍している人よりも自由に使えるお金があると判定するため、独身を入籍している人よりもお金の融資が受けやすいということがあるようです。

また、歳は上になればなるほど審査は大変になってしまうそうです。

キャッシング会社側のほうで、そこそこの年齢になるのに貯金などが0円なのは何かおかしいのではないかと判断できるためです。

住宅ローンを支払っていることなどもありうるので、契約の承認を認めるかの否かの審査にはシビアになるはずです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.dopq.info All Rights Reserved.