任意整理や特定調停などでも元金

-

-

民事再生は住宅ローンも含む多重債務に苦しめられている債務者をターゲットに、住居を手放さずに経済的に再建するための法による債務の整理の処理方法として適用された法律です。ハーブガーデンシャンプー

この法律には、破産手続きと違って免責不許可となる要件がないので賭け事などで借金ができた場合も民事再生手続きはOKですし自己破産が理由で業務停止になってしまうような立場で生計を立てているような人でも制度の活用ができます。

破産宣告では、マンションを保有したままにするわけにはいきませんし、任意整理や特定調停などでも元金は返済していくことが求められますのでマンション等のローンも返しながら払っていくことは実際のところ難しいと思われます。

ただし、民事再生による処理を取れれば住宅のローンを除いた負債についてはけっこうな額をカットすることも可能ですので、ある程度余裕に住宅のためのローンを返しながらあとの債務を払っていくことが可能ということになります。

しかしながら、民事再生という選択肢は任意整理や特定調停といった方法と異なって一部分の負債だけを除外扱いして手続きをすることはできませんし破産宣告のように借り入れ金そのものがなくなってしまうのではありません。

それから、それ以外の処理と比べるといくらか負担もかかりますので住宅のローンがあって住んでいるマンションを維持していきたいような時以外において破産宣告等のそれ以外の選択肢がない時の最後に考える手段と考えた方がいいでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.dopq.info All Rights Reserved.